シニア犬のために作られたドッグフード「ピッコロ」。

日本で飼われているワンちゃんの半分はシニア犬といわれていますので、こういったドッグフードは需要が高く人気ですね。

その中でも人気上位と思われるピッコロのメリットとデメリットをまとめてみました。

ピッコロのメリット

良いところはどういうところなのか?

通常のドッグフードより良い面やシニア犬用として優れているところなどを挙げてみます。

低脂質・低カロリー

これは人間も同じですが、やはり加齢に伴って消費するカロリーは減少傾向になっていきます。

運動量は減り筋肉量も落ちていき、基礎代謝も減少して太りやすい体質になってしまいがち。

ピッコロは、栄養価や味を落とさずに脂質やカロリーを抑えたレシピになっているので、シニア犬にとってはメリットがあるといえますね。

高たんぱく質

基本的にシニア犬用は高たんぱく質が良いといわれています。衰えてくる筋肉や内臓にはたんぱく質が必要らしいのです。

ピッコロは、シニア犬用の中でも高いたんぱく質だそうですよ。何といっても高たんぱくの代表格、チキンとサーモンが原材料全体の70%を占めているとのことですから。

栄養価が高く無添加

ピッコロの袋には原材料名が細かく明記されています。しかも、チキン生肉31%とか乾燥卵2.5%というように割合も書かれている親切さ。

その詳細な原材料名を見れば、素人でも栄養価が高いな、と思えるほどの豊富な材料で作られていて、さらに「グルコサミン」「コンドロイチン」など関節に良い原料も含まれています。

そして、人工添加物は含まれていません。人工添加物の中には、粗悪なものもありますので、無添加というのは安心です。

ピッコロのデメリット

まぁ、デメリットが全くない製品なんてまずありません。それはピッコロも同じことですね。

購入を考えている場合は、しっかりデメリットも理解したうえで選んでください。

値段が高い

口コミ等でも一番聞かれるデメリットがこれ。当然ながら価値観の問題もあるのですが、通常のドッグフードと比べると安くはありません。

1.5kgで3980円。これを高いか安いか、という話ですが、品質を考慮した場合は「安い」となります。

とはいえ、通常のドッグフードと比較した場合はもちろんのこと、他のシニア犬用と比べても、お世辞にもピッコロは安いとは言えませんね。

ましてや、今後ずーっと買うことを想定すると、たしかに安くはありません。これはもう、品質をどれだけ重視するかですね。

極論、愛犬の健康・寿命と天秤をかけるわけです。個人的には、そう考えると安いものと思うのですが、あなたはどう思いますか?

ただ、この記事執筆時点で「初回送料無料・初回15%OFF」ということです。

※価格等は変わる場合もありますので公式ページでご確認ください。

賞味期限が短い

目安としては開封後3ヶ月ほど、だそうです。一応袋には賞味期限が明記してあります。

これは仕方ないですね。無添加なので短いです。普通に毎食給餌が前提ならば大丈夫だと思います。

通販しか買えない

厳密に言うと、公式HPでしか購入できません。今のところ。アマゾンや楽天には売っていません。

まあ、しょうがないとしか言えませんが、大抵の方にとっては不便は無いと思います。

とはいえ「ネット通販なんかで買ったことない」という方や「楽天ならポイント付くのに」という方などは、デメリットですね。

食いつきは良い?



概ね良いそうです。

ですが、こればっかりは愛犬に食べていただかないとわかりませんね。

でも、調べてみたところ「ほとんど」「9割ほど」食いつきがいい、よく食べるという声が見受けられました。

ほんのわずかですが「前のドッグフードと変わらない」「食いつき悪くなった」「ほとんど食べない」という意見もゼロではありません。

ただ、味にも相当こだわっているとのこと。繰り返しますが、ほとんどの方が「食いつきは明らかに良い」と言っています。

よかったら口コミをまとめたページも見てみてください。